くまさんのヨーロッパ放浪の旅 Act.[ (2023.12.31作成開始)

ドイツ語圏とウクライナ、東ヨーロッパ放浪の旅

成田 → 台湾(台北) → オーストリア(ウィーン) → スロベニア → イタリア → オーストリア →
スロベニア → ハンガリー → セルビア → ルーマニア → ウクライナ → スロバキア → チェコ →
ドイツ経由 → オーストリア → ハンガリー → オーストリア (ウィーン)→ 台湾(台北) → 成田

2023年9月14日(木)〜10月7日(土)

ウクライナへの道
ルーマニアからウクライナへの道(国境)

<<旅の概要>>

 ・と  き:2023年9月14日(木)〜10月7日(土)
 ・場 所:オーストリアからイタリア、東ヨーロッパ諸国
       そして戦争中のウクライナへ
 ・使用駐車場:みんなのパーキング 6,000円
 ・使用航空会社:チャイナエアライン 161,990円
 ・レンタカー:rentarcar.com ⇒ Megadraive
         21日 85,165円 保険 23,494円
 ・ポケットWi-Fi:RoamWifi R10 16,999円

<<スケジュール>>

 9月14日(木)
  成田18:20=(CI105)=21:10台湾(台北)
  台湾(台北)23:20=(CI63)=
 9月15日(金)
  =(CI63)=06:50オーストリア(ウィーン)

 10月6日(金)
  オーストリア(ウィーン)11:35=(CI64)=
 10月7日(土)
  =(CI64)=05:30台湾(台北)
  台湾(台北)09:30=(CI100)=13:25成田

 〜 ブロローグ 〜

 2000年から続いたコロナの規制もやっと緩和されてワクチンを打っていなくても海外に出かけられるようになったのが2023年5月8日。その間のくまの海外欠乏は思ったよりもひどく、休みも溜まりに溜まり、9月までに使わなければならないのが10日以上あったりとか、色々後押しがありーので、思い切って放浪の旅に出ることにしました。ただ円安とガソリン代高騰の影響は思った以上にひどく、レンタカー、航空券ともにかなり高額に。
 だけどなぜか飛行機は満席!と言っても9割以上の方が台湾の方のようで言語が違う。何にせよ日本以外は景気がいいって言うのがよくわかる、日本政府のバカぁ G=(^。^G)

            今回の行程5,606Km(194Kbyt)

 9月14日(木) 晴れ 成田から台北経由、ウィーンへ


 いつものように車で成田空港に向かい、車はいつものように「みんなのパーキング」に預けてチェックインカウンターへ向かいます。
 ここまではチャイナエアラインのチェックインカウンターが激混みだったのを除けば全て順調!...だったんだけど\(_ _;)
 実は家で多少残った食材を小さなクーラーバックに保冷財とともに入れて手荷物で持って行ったら....それは「液体」だからダメだって!
 仕方なく箱を貰って詰替え、再度チャイナエアカウンターに行って荷物の追加預けとなった。何だかなぁ(^^;;;
 ちなみにチャイナは最近少なくなった「ビール2本くれ!」が通じたので、個人的には好きな航空会社になりました!

 乗ってから気付いたのですが、成田=台北間は真っ直ぐ下るだけすが、台北〜ウシーン間の航路が面白い。
 まず紛争地域のロシア近辺を避けて南に進み、尚且つアルプスを避けるようにインドから黒海に抜けるコースを進む。多少無駄なような気もするけども、やっぱり安全第一だからねd(^_・)
 ちなみに画像をクリックすると大きな地図が現れます。

今回のレンタカー 韓国ヒュンダイ i.30と北欧の希少種の馬

a-sissy-hof は北欧馬の保護と、乗馬のほか何部屋か宿をやっている

ヨーロッパ最初の晩餐はピザパンとビール! 部屋は三畳一間の小屋だった
9月15日(金)晴れ ヨーロッパ1日目
    
    オーストリア共和国 ウィーン


 レンタカーは事前に一番安いシトロエンのC1のMTを予約していたけど、行ってみたらフォルクスワーゲンのけっこうでかい車が来た。オマケにAT\(_ _;)
 流石に文句を言って交換させたら、来たのが韓国のヒュンダイ i.30だった(T_T)そして何を勘違いしているのか「イタリアのいい車だ」と。騙されてる。

 とりあえず走り始めると、車の制御が出来ていないのがよくわかり、シートもダメで三週間大変だった。。
 それでも車を西に100Km走らせ、この日のお宿a-sissy-hofへ。いつもは宿の予約をしないで行き当たりばったりで旅するんだけど、今回はbooking.comを使って最初の三泊だけ予約してみた。
 そんな中で見つけたのがここで、個室で無料Wi-fiと無料駐車場有りで何と17.67ユーロ(^^ 共有で外にバスとキッチンがあった。実は値段で見つけたんだよね。でもあるはずのFi-fiはなかった\(_ _;)
 部屋は小さな小屋で、トイレとミニキッチン付き。 とりあえず近所のスーパーに行ってビールと食料買い込んで宿で一人宴会です。お供は北欧の希少な馬(ここはサンクチュアリになっていると言っていた)とアヒルさんたち?馬さんとは仲良くなって、けっこう付いて歩いてきたっけ(^^
 ちなみに猫もいおるらしい。朝起きたらボンネットに猫の足跡が(^_^ゞ
 9月16日(土)晴れ ヨーロッパ二日目

 今日は宿から南下して、スロベニアへ向かいます。 スロベニアの田舎はくまさんが好きな場所だ。
 途中綺麗な川沿いのALPAKA IMPULS自然動物公園やHieflau駅を見ながら快適に走っていたんだけど。。。何というかすごい田舎(^^;; なのに車のディーラーなんかもあって、日本とはかなり違う雰囲気だよ。
 多分人の暮らしは広く拡散していて、車がないと生活が出来ないんだね。日本のマツダもあった。

 このオーストリアの南部は湖水地方になっていて風景はいいんだけど、土曜日だからか車が多い。
 そしてそこから一気にアルプスを越え、スロベニアの国境を越える。だけど、角度が半端ねーっ!
 そして国境の長いトンネルを抜けると、そこは白い山々が連なる美しいスロベニアだ。
 スロベニアの全ての国境にはEUにお加入する前の名残で、ドライブインのようなKOMPAS SHOPがあって、お土産を買ったり食事ができる。昔はここで換金したり、観光情報を入手することができたんだ。

 そこで少しだけ休憩して早速宿に向かいましょう。
 この日のお宿はGuesthouse Osvald、スロベニア北部のゴレンスカ地方にある宿で、結構な山を登っていくと、そこに平坦な土地があって、そこの中心になる宿がここ。行った時には近隣の人たちが集まって、何かのゲートボールのような大会を開いていた。
 ここもネットで予約したんだけど、めずらしく二食付き40.92ユーロ、安い!けど、トイレとシャワーは共用ね(^^でも食事も美味しいし、十分だよ〜ん♪

朝焼けのHieflau駅 そしてスロベニアの国境の標識

二泊目 Guesthouse Osvald めずらしく二食付〜♪