くま'sツアー社 真夏のスキーツアー in 南半球 Act.3(2004.5.11更新 2006.9.7修正)

真夏のOZスキーツアー Act.2
AUSTRALIA Thredbo
(オーストラリア ニューサウスウェルス州 スレドボ)
1999年8月21〜27日


画像をクリックすると、大きなスキーマップを表示します。

<<旅の詳細>>
 と    き:1999年8月21日(土)〜27日(金) 5泊7日
 旅行手配:プレイガイドツアーに依頼
 航空会社:日本航空  (成田〜シドニー間)
        カンタス航空(シドニー〜キャンベラ)
 エ リ ア:オーストラリア ニューサウスウェルズ州
        Thredbo     http://www.thredbo.com.au/
        Perisher Blue   http://www.perisherblue.com.au
 ホ テ ル:Thredbo Alpine Hote   ☆☆☆☆ 4泊
        ガゼボ ホテル シドニー  ☆☆☆ 1泊
 参 加 費 :220,000円
 参加人数: 8人

  スレドボアルパインホテル。
  庭にプールとジャグジーがあり、冬でもジャグジーは稼動してます。日が沈むと一気に寒くなりますので気をつけて。

<<スケジュール>>
 8/21 成田空港発
 8/22 シドニー経由キャンベラ
     レンタカーでスレドボへ     (スレドボ泊)
 8/23-25 スレドボ自由滑走       (スレドボ泊)
       途中、ペリッシャブルーへ一日遠足
 8/26 レンタカーでキャンベラ、エアでシドニーへ
     シドニー自由観光        (シドニー泊)
 8/27 シドニー発成田空港着 お疲れ様でした<(_ _)>"

  1998年の9月に、スレドボを紹介するプロモートに参加して一回で気に入ってしまった場所、それがスレドボです。
  ここの思い出は、とにかくうまかったこと\(^o^)/何を食ってもうまかった。本当だよ。

  OZでは、どうしてもレンタカーで移動するようになってしまいますが、ここは首都のキャンベラから2時間ほどの距離にあって、かなり便がいい場所です。
  旅を安くあげるためには、麓の
ジンダバイン(Jindabynd)の街で宿泊するのがいいのですが(実際、ここに宿泊してスキーをする方が多く、車で通りかかるとかなりの方々が山までのヒッチハイクをしています。)、今回は豪華にスレドボのゲレンデから30mというアルパインホテルに泊まってしまいました。  
  実はこのホテルの建物、歴史の浅いOZの中になってもその価値が高いという事で国家遺産に指定されており、保存が決まっている由緒正しいホテルなのです。

  スレドボエリアはスノーウィマウンテン国立公園の中にあり、人数×日数で入山料を支払わなければ行く事ができません。ちなみに、ペリッシャブルーは料金ゲートの外側に地下鉄の駅があり、広大な無料の駐車場に車を停めてクノーチューブ(日本の熊谷組が作った)と呼ばれる地下鉄でエリアまで登ります。
  山の下には雪が無いのに、トンネルを抜けると一気に冬山。変な感じです。

  スキー場はOZ最高峰のMt.コジオスコに作られており、広く、機動力も高いです。
  最上部は見事なオープンスロープになっており、日本でもめったに味わうことのできない気持ちのいいエリアですよ。
全てのリフトやゴンドラで往復乗れますから、ちょっとご飯を食べに山へ。。。なんてのもOKですね。
  毎日ではありませんが、山の上のレストランが夜もOPENしていて、ゴンドラに乗って行く事ができます。
  また、エリア内に有名なレストランもありますので、お洒落をして出かけるのも一驚ですね。とにかく、どこのレストランで食べても、かなりの高レベルでおいしいです。
  レストランに飽きたら、ジンダバインのステーキハウスでの食事がお勧め。建物内に肉屋さんがあって、そこでステーキ肉を買えば勝手に焼いて食べられます。バーも併設されていますから、飲み物には困りません。

  実は山頂部から山の陰に下りるネーチャースキーもやっています。天気のいいときにガイドを頼んでお弁当とビールを持って、ユーカリの林を抜けて行く行程は、日本では考えられないほどの満足感があるでしょう。
  お迎えの車がないとできませんので注意が必要です。

  夜車で走ると、ライトの明かりに向かってカンガルーやウォンバットが突っ込んで来ますので気を付けてください(そう言う習性がある)。注意さえすれば、野性の王国さながらに動物を見る事ができます。最近は狐が多いようですよ。
  シドニーガゼボホテル。オペラハウスにも近く、観光には便利。
  プールも併設されていますが、冬はやっていません。近くの市民プールまで泳ぎに行ってきました。

  この近くで、初めてアボガド寿司を食べました。うまいもんですね(^^

AUSTRALIA Perisher Blue
(オーストラリア ニューサウスウェルス州 ベリッシャブルー)


画像をクリックすると、大きなスキーマップを表示します。


ペリッシャブルー内には、沢山のホテルやアパート、そして街があります。

  スレドボの手前、国立公園の入り口にあるのがペリッシャブルー、車で10分ほどの距離。
  ペリッシャブルーは、4つのスキー場が合併した巨大なエリアで、上の地図はその一部です。ふもとからスノーチューブと呼ばれる地下鉄(日本の熊谷組が作った)で10分ほどで到着し、トンネルを抜けると雪国に変身するのは感動物ですよ(^^
 エリア内に2つの駅があり、ホテルもエリア内にあるのでとても便利です。
  比較的になだらかなオープンスロープが広がっていて気持ちいいのですが、気を付けないと迷子になるぐらい横に広がっています。天候が崩れることが多いので、そんな時はガイドを雇ったほうが賢明でしょう。