くま's倶楽部 スキーもできる旅 Act.13 in FURANCE (2007.2.13掲載)

PARADISKI La Plagne & LesArcs
(パラダイスキー ラ・プラーニュ & レザルク)
2007年1月20日〜28日

記録的な暖冬で深刻な雪不足であったPARADISKI
しかし、二日目の夜に降った雪で、その心配はなくなりました。
広大なPARADISKIエリア、あなたも堪能してください。

<<旅の詳細>>
  エ リ ア:フランス PARADISKI
         http://www.paradiski.com/
        ラ・プラーニュ
         http://www.la-plagne.com/

        レザルク
         http://www.lesarcs.com/

  期    間:2007年1月20日(土)〜28日(日)7泊9日
  航空会社:スイス航空(チューリッヒ経由)
  ホ テ ル:ラ・プラーニュ HOTEL BELLECOTE
  参 加 費:215,000円(朝夕食事付き)
  旅行人数:10人
<<スケジュール>>

  1/20(土) 成田空港集合 9:00
        11:05=(LX- 106)=15:50チューリッヒ
        17:45=(LX-2810)=18:35ジュネーブ
        専用車でラ・プラーニュへ
  1/21(日)〜26(金) 6日間自由滑走及び自由観光
  1/27(土) 早朝専用車でジュネーブへ
        10:20=(LX-2807)=11:10チューリッヒ
        13:00=(LX- 168)=
  1/28(日)  =8:55成田着 お疲れ様でした<(_ _)>"

地図をクリックすると大きな地図が表示されます。
(880Kbyt)

序章− 初めての海外、久しぶりの海外

  1月20日(土)晴れ 今回このツアーに集まったのは、初めての海外1人、久しぶりの海外3人、そして、倶楽部の旅に参加するのが初めての5人を含めた10人と言う構成で旅が始まりました。
  今回使ったスイス航空はスキーについては寛容で、荷物の重量からスキーセット分を完全に引いてくれます。実際は重量制限無しに等しいですね(^^ 荷物の問題は難なくクリアして搭乗します。
  しかし食事は以前から比べるとだいぶ簡素になったような気がする〜(T_T)何はともあれ元気に出発です。

  成田からチューリッヒまで12時間45分、そこから乗り換えてジュネーブまで行くのですが、ここでハプニング!何と乗り継ぎ便の時間が55分も早い16:55に変更!そんな事になっているなんて知らない私達はギリギリ間に合う始末です。
なんなんだ〜(^^メ)
  何はともあれ、無事ジュネーブに向かうのでした。

  ジュネーブに着いたらまた問題。今度は迎えのバスが来ていない。当たり前だよね、飛行機が55分も早く着いたんだから。
  一応バス会社に電話したら予定通り向かってるってさ。待ってたら何事も無いように迎えに来ました(^_^ゞ
  くまさんの携帯は、こういう事もあるかと世界携帯にしています。(M703iG)メールも使えるし、役に立つねぇ(^^

  この時、ジュネーブ空港は一面緑の野原でした。やっぱり暖冬の影響で雪が無い(T_T) でもね、悪い事ばかりではないんですよ。道に雪が無くてバスが予定より早く2時間半でホテルに到着し、何と通常の夕食を食べる事ができたのです。もう遅いからシャワーを浴びる事はできないけど、おいしい食事とおいしいお酒で、楽しい夢を見ながら眠りに付く事ができました。
  おやすみなさい(--)zzZZ


お土産屋さんで見つけたかわいい子♪


20日の夕食〜♪メインは鳥のソティ

始まりはいつも雨...

 1月21日(日) そんな言葉も書き飽きたけど、何だこの現状は!! この旅の初日、1250mのMontchavinはこんな感じでした。そう、雪が無い!2000m近辺まで登ればあるそうですが、初日で無理もしたくないしね。
  まずは地元の街を散策しましょ。滞在したMontchavinの街は、二つの巨大エリアの中心に位置して便利です。
  古くてとても小さいのですが、スキーショップ、スーパー、郵便局、銀行、肉屋さん、レストラン、お土産屋さんと何でも揃っていて、雰囲気もよく不自由はありません。放し飼いの秋田犬(...?)も遊んでくれます(^^
  また、障がい者用の駐車場には湧き水が引かれ、古い街の面影を残しています。いい街ですね。
  この日は街でいろいろ買出しして宴会しました!

  Montchavinに日本人が滞在するのは初めて。当然このホテルも日本人は初めてです。
  実際は二つ星ですが設備は三ツ星クラスで、各部屋にはバスタブも付いているしお湯の量も申し分ありません。おまけに温泉のジャグジーや二種類のサウナまで楽しめます。(一週間20ユーロで予約制)基本的に貸切(45分)ですから、のんびり入れます。
  宿は全体的にフレンドリーで、レストランもおいしい!
  ここ、いい宿ですよ(^^


Glacer la Chiaupe(3250m)

一夜明けて天気は晴れ!

  1月22日(月) 早速宿のすぐ裏にあるゴンドラを二本乗り継いで2000m地帯へ出ます。
  すると別世界で、あたり一面待ちに待った雪景色です。早速LaPlagneの最高地点Glacer la Chiaupe(3250m)に行って来ました。いや〜ここは雪がいい!!
  あいにく雲が多くて遠くまでは見渡せませんが空気が薄いのがよくわかります(^^;;
  1000mあたりでは雲海ができてちょっと幻想的ですが、周りの山々は半分から下が雪が無いのが見え見え。変な感じですね。暖冬の雪不足をもろ感じます。
  とりあえず空いているレストハウスを探して食事にしました。メニューは当然、ここサヴォア地方名物、オムレツ!

  オムレツに舌鼓を打ち、今日は滑走初日ですから早めに帰りましょうね。最短距離でホテルに帰りました。
  しかし、標高が下がるにつれ、斜面はアイスバーンになってきます。みんなが削ってくれるので雪が溜まっているため、コースを選べば滑れない事も無いのですが...やっぱりチューニングしていない板はきついですよね。
  途中何度も転んでしまった女性二人が、早速ゴンドラ下のスキーショップでスキーチューニングを出しました。
  エッジ処理とワクシングで、一本20euroと言う話で手を打って預けました(安い!)。仕上がりは翌日の9:00。十分翌日の滑走に間に合います。
  しかし、実際翌日行ってみると、何と一本18euro!絶対得してるよなぁ(^_^ゞ
  写真は、この日の夕方呑みに行ったレストランのバーカウンターでもらった、でっかいビールです(^^ つたない英語に付き合ってくれて、楽しい時間を過しました。


でっかいビール、7euroもします(T_T)


冬のヨーロッパの代表的な景色
Go to Les Arcs

  1月23日(火)晴れ 早速隣のLes Arcsに向かいました。多少雪は硬くても、昨日チューニングを出した二人は問題ないでしょう(^^;;
  この日の天気は典型的なヨーロッパの冬型。1000m近辺に雲ができて、その下には太陽が出なくなります。そのためにヨーロッパのウィンターリゾートは発達しました。なにせ、こんな風に1000mを超えると晴れているんですからね。この景色、美しいでしょ(^^

  さて、このレザルクですが、それ自体二つのスキーエリアの合体で、こちらも広い!おまけにコース自体が横に広いんですね。気持ちよく滑れます。お昼はピークを一つ越したARC1950でいただきました。

待望の雪

  1月24日(水)晴れ 昨日私たちが滑り終えてから降り始めた雪は結構積もって、1250mでも20cm、でも上のほうは結構積もりました\(^o^)/
  アイスバーンだったエリアも一気に新雪圧雪バーンと変身、ただ気温が下がってしまったのはつらかった。何せ日中でもダイヤモンドダスト(-16℃にならないと出ない)が普通に見える。でもお日様が輝いてるぞ(^_^ゞ

  この日は各々思い思いの行動に。スキー場内の大きな街へお買い物へ行く夫婦、近くの街にハイキングに行くチーム、そして私達はいつものパターンで、お昼を食べる村を目指して滑ります。この日はラプラーニュで一番右端のPlagne Montalbert(1350m)に決定!


雪下ろしのお手伝い?


Plagne Montalbert(1,350m)の風景

  途中Plagne Bellecote(1930m)で休憩を取って、一路Plagne Montalbertに向かいました。
  狙いは大当たり!リフトのすぐ下のレストラン&バーのLa SKANAPIAへ行ったら...安くておいしい!!やっぱり食事は麓の村でしなくちゃねd(^_・)
  みんなで何品か頼んでビールとワインで乾杯!色々食べられておいしいよ(^^

  しかし!実はここまで片道20Kmはあるんだよね(^_^ゞさ、頑張って帰りましょ(^^;;;
  実はレストラン裏に街が広がっていたので散策してみたかったのもあるんだけど、帰りを考えるとね(^_^ゞ
  実は今回、ガイドさんを頼まないで地図とくまのカンだけを頼りに滑ってるのよ。あぶねー(^_^ゞ


レストラン&バー La SKANAPIA のおいしい食事たち
ミステリーツアー

  1月25日(木)快晴 やはり夜のうちに雪が降り、そして一夜明ければ快晴!コンディションは最高、この日はくま主催のミステリーツアーを開催しました。
  行き先は二階建てのゴンドラに乗りレザルクへ。そこからARC1800、ARC1600と渡り、Paradiski唯一の電車に乗ってフランスTGVの終着点、Bourg st Mauriceに向かいました。


朝焼けと巨大な連絡ゴンドラの支柱


休憩したARC1800


Bourg st Mauriceの旧市街と電車の中

  目的は...当然お昼ご飯と観光!
  犬も乗ってる電車に乗って駅に着くと、そこは湖沿いの綺麗な街で、駅からは徒歩10分弱で街に着きます。そこのピザレストランでランチにしました。
  食事の後は観光!Bourg st Mauriceの旧市街は何とも雰囲気がいいですね。コンパクトにまとまって色々なお店があります。お土産を探すにもいいですよ(^^
  さ、連絡ゴンドラに間に合わなくならないように帰りましょ。天気は上々!なんだけど、放射冷却で気温が下がり、なんと太陽柱が出て
るよ〜(T_T)綺麗だけど、兎に角寒い!
  何とか最終の連絡ゴンドラに間に合ってラプラーニュに戻ってきたら、今度は降雪機で作られた雪の山に行く手を阻まれる始末。ちゃんとならして置けよ〜(^^メ)
  何だかんだで、この日も移動距離は40Kmを越えてるな(^_^ゞ海外スキーはこうでなくちゃねd(^_・)

Champagnyの街


Champagnyへ降りるゴンドラの中から

  最後の街へ

  1月26日(金)晴れ  最終日、最後にラプラーニュの山の裏側Champagny en Vanoiseへ向かいました。
  一度Roche de Mio(2,700m)のピークに登ってから途中でお茶をし、そこから山の裏側へ長い長いコースを降りて行きます。
  本来であれば、ここから1,250mのシャンパーニュまでのコースが、このエリアで一番長く(おそらく20km弱?)標高差も取れるコースです。
  しかし雪不足で、最後は街のまでゴンドラで降りなくてはなりませんでしたが、11:30にはシャンパーニュへ到着!
  この街も今までの街や村と同じく、コンパクトで何でも揃っている感じです。しばしお土産屋さんを散策しながら、早速おいしそうなレストランを探しました。

  見つけたレストランはLa POYA。時間が早かったのか「ナウ?(今?)」と聞かれちゃった(^_^ゞ
  だれもお客のいなかったレストランですが、流石田舎、すぐに席を用意してくれました。
  そして席に座ると、窓の向こうに別のスキー場が見えるぞ?そうしたらそれが、世界一でかいスキー場、トロワバレーの一番端っこの「クールシュベル」だとわかりました。
  レストランの女将さんの話では、ここシャンパーニュではバスで一日遠足に行く人が結構いるそうです。こういう楽しみ方もあるなぁと改めて思うのでした(^^

  さて、料理↑はボリューム満点でおいしい!!写真の1Kgのステーキや他のプレート料理6人分前と3本の地元ワインを頼み、みんなで分けて食べました。おいしかった〜(^^ それに、スキー場内のレストハウスで食べるより安いんです。大満足の最後の昼食でした。


窓の向こうに見えるのがクールシュベル

  みんなぽかぽか陽気にSPARでお土産を買い、シャンパーニュのマスコット(...?)のスキーをしょったくまと記念撮影!
  後は宿に戻るだけです。寂しいね。こうして最後のスキーを終えてしまうのでした。
  電磁式のスキーパスは、チケットセンターへ返せば3ユーロ戻ってきます。スキーが終わって真っ先に返しに行きました。

  実は先日レストランで折り紙を折ってプレゼントしたのですが、それがホテルのオーナー夫妻の目に留まり、「子供たちに教えてくれないか?」と言われていました。
  そこで最終日のこの日、3人の子供たちと奥様に折り鶴を一緒に折りました。一度で覚えられるとは思いませんが、時間をかけて一生懸命折って、出来上がりを見てとても感動して感謝していました。こういう時間っていいよねぇ(^^

  さぁ最後の晩餐にしましょう!今夜のメニューは色々な種類のハムやサラミに電熱


ちっちゃな折り紙教室は感動が一杯(^^

器ででっかいチーズを溶かしてつけて食べる料理です。迫力満点!

  レストランでもハプニング!夕食も済んでお腹がいっぱいになって帰ろうとすると、帰るのはちょっと待ってくれって言います。何かなぁ?と思ってた

ら、サービスのお酒が出てきた\(^o^)/
  実はレストランスタッフにと日本のお菓子を差し上げたのですが、お礼にと持ってきたのです。
  味はチョコレート味の暖かい不思議なお酒で、それをみんなで回し飲みします。ここはちょっとお洒落にストローが付いていましたが、本来は直接口で呑むんですよ(^_^ゞ
  その他にもシュナップスまで出てきて、周りのお客さんも一緒に、ノリノリの最後の晩餐でした。

  翌朝は早い出発です。朝食はレストランにコーヒーと果物ぐらい用意しておくから...と言われて感謝!だったのですが、翌朝何とレストランの鍵が開いていない\(_ _;)どうやら忘れたらしいのですが、本当にフランス人っていい加減だよね。でもそのおかげで早く出発できました。

  実はジュネーブの空港には予定通り着いたのですが、予定していた便が遅れて、その前の便に振り替えられたのです。そのためジュネーブでは時間が無くあたふたしてやっと間に合いました。最後までやってくれるぜスイス航空(^^メ)

  そんなこんなでいろいろある旅でしたが、誰一人怪我も無く、楽しい一週間を過す事ができました。
  コースも広さも申し分なく本当にいいエリアです。
  そして、いい宿にも恵まれ、温かい心にも触れる事ができました。あなたもこんな旅を一緒にしてみませんか?来年もくま's倶楽部の旅は続きます。