くま's倶楽部スキーもできる旅 Act.24 (2018.4.1作成開始 4.21更新)

スキーヤー
スノーボーダー
から元気を送る第八段

1stステージ

ITALY La THUILE
(イタリア ラ・チュイール)
2018年1月19日(金)〜28日(日)

イタリア・アオスタ州の最深部にあるラ・チュイール
SGL、DHと高速系のワールドカップで有名なこのスキー場
この年は雪が降りすぎて大変でした(^_^ゞ

モンテビアンコをバックに
モンテビアンコをバックに

      

<<旅の詳細>>

 ・と  き:2018年1月19日(金)〜28日(日)
 ・スキーエリア:
    Espace San Bernardo(サン ベルナルド)
    Courmayeur(クールマイユール)

 ・滞 在 先:イタリア  La Thuile(ラ・チュイール)
 ・使用航空会社:
    スイス航空
    ルフトハンザ・ドイツ航空
 ・自由観光:イタリア Novara(ノヴァーラ)

 ・Novaraホテル:
    Novara Albergo italia ★★★S

 ・La Thuileホテル:
    Hotel Les granges ★★★
 ・参加費用:120,000円
         ・Novara 1泊(朝食付き)
         ・La Thuile 7泊(朝夕食付き)
 ・参加人数:3人
 ・スキーマップ:Espace San Bernardo
          Courmayeur

<<スケジュール>>

 1月19日(金) 成田集合: 9:05
          成田11:05=(LX161)=15:50チューリッヒ
          チューリッヒ17:20=(LX1622)=18:10ミラノ
          専用車でNovaraへ      Novara泊

 1月20日(土) Novara 自由観光
          14:30 タクシーでLa Thuileへ
                           La Thuile泊
 1月21日(日)〜26日(金)
          自由滑走および自由観光 La Thuile泊
 1月27日(土) 専用車でトリノ空港へ
          1) そのまま2ndステージへ
          2) 日本へ帰国
         
トリノ13:10=(LH1897)=14:20ミュンヘン
          ミュンヘン15:35=(LH714)=
 1月28日(日) =10:55羽田   ご苦労様でした!


Espace_San_Bernardo
(5218Kbyt)

Courmayeur
(330Kbyt)

スイス航空でチューリッヒ経由ミラノへ 向かったのは古都Novara

金曜の夜は街に人があふれている。そこで選んだのは旧市街にあるA'MARECHIARO

イタリア最初の食事は、やっぱりピザとラビオリ チーズが全然違ってて美味しかった〜♪
 〜ブロローグ〜

 この年、ヨーロッパの冬は記録的な暖冬となったのですが、実は海流の関係で気温が上がると大雪になるのがわかっていました。そしてその通り、アルプスも大雪で苦しめられることになるのです。

 1月19日(金)晴れ

 スキー用具を無料で運んでくれるのは、基本ルフトハンザ、スイスとドイツ系しかないためルフトハンザでチケットを予約します。そうすると系列の航空会社を縦横無尽に渡りながら目的地に運んでくれるのですが、今回は成田空港からスイス航空でミラノへ入りました。

 時間も結構早く着くので、あえてミラノには泊まらず、空港から20Kmほど西にあるNovaraに宿泊します。
 この街の歴史は古代ローマ時代に遡り、ミラノよりもずっと古い歴史を誇ります。まずはホテルにチェックインしてから食事に行きましょう!
 ホテルは旧市街の外れ、と言っても旧市街がとてもコンパクトなので歩いて廻れます。しかし金曜の夜だからなのかすごく街に人が出ていてにぎやか。
 とりあえず旧市街を少し歩いて、A'MAという1953年創業のレストランを見つけました。お洒落で、結構混んでいる。とりあえず最初の夜は軽く、定番のピザとラビオリ、それに地元のビールをいただきました。ピザはシェアすると言ったら、最初から銘々皿に切り分けて持ってきてくれた。この心遣いが65年も続いた秘結かな\(^o^)/
 1月20日(土)街は快晴、山は大雪

 朝起きると街は快晴!暖冬のせいかさほど気温は低くない。ホテルは旧市街の南側、不思議な飾り屋根の州立音楽院の隣、Novara城まで100mと絶好の位置です。まずはカメラを持ってお散歩に出かけましょ〜♪
州立音楽学校の飾り屋根

       街のシンボルは何処からでも見ることが出来る

 Novara城は堀も含めて市民の憩いの場になっているようで公園となっています。
 全体的にはかなり崩れていますが、使えるところはリホームされて、警察や学校が入っていましたよ♪

 朝食後はみんなで街の散策。まずは街のツーリストインフォメーションに向かいます。途中場所がわからなくて人に聞きながら行ったのですが、イタリア人は人がいい!わざわざ探して教えてくれたよ\(^o^)/...ですが、なぜか開店時間なのに閉まってる。人も居ない\(_ _;)
 実はここで街のシンボルサン・ガウディンジオ大聖堂」の高い塔に登る情報を得たかったのですが仕方がない。とりあえず直接行ってみよう!

 で、街の地図はホテルでもらっていたので場所はわかったのですが...兎に角あのでかいのが街中にありすぎて全体像が見えない(^_^ゞ おまけに住宅街の中にあるからずっと上を見ているようで首が疲れる。
 中は実際に使われている教会のようで、業者が明日の礼拝の準備に花を飾ったり忙しく作業をしていました。

 街中を歩いていて気のなったったのが焼き栗屋さん。
 20個ぐらいを糸で通したものをあちこちの出店で売っていて、栗の大きさで値段が違うみたい。
 それと昨日のピザ屋でも感じたけど、この地方の食材が美味い!途中休憩で入ったBar Coronaで、頼んだワインのおつまみに出てきたハムとサラミが絶品!!

 最後は街中の古いバー(地元の人でごったがいしてた)で軽く食事をNovara観光は終了。店の親父には言葉もわからないのに親切にしてもらいました。俺に折鶴を渡したら大変喜んでくれて、一緒に写真撮ってくれました。

Novaraのシンボル 実は街中にありすぎて街中からは良く見えない(^_^ゞ

街のシンボル Basilica di San Gaudenzio 121mの高さがある

大聖堂の中は荘厳の一言 その他にも歴史的な建物がひしめいている

SIZUKIの軽?! この街の名物「焼き栗」屋さん そこらじゅうに店が出ていた

休憩で入ったお店のおつまみ、味が違う! お昼も古いバーで一杯〜♪

色々な種類のピザの盛り合わせ 機を使ってくれた親父には折鶴のお礼です
古代ローマ時代のNovara城
古いNovara城 現在は市民の憩いの公園になっていて気持ちよかった
 ホテルに指定の14:30丁度にタクシーは迎えに来たので一路LaThuileに向かいます。
 しかし天気は、街では快晴だったのに山に入るとだんだん曇ってきて、そしてLaThuile近くになるとザンザン降りの雪になってきた。イマイチ地図が読めない運ちゃんは道を間違え、そして坂を上れず私たちが車を押し、乗客が押す羽目になった(T_T) 最後にはホテル前100mぐらいの所でギブアップして自分たちで荷物を運ぶ羽目に。
 あんまり頭にくるので運賃負けろと言ったのですが...きっちち取られちゃいました〜 m( --)m(/;°ロ°)/

 まぁそこまではご愛嬌で、ホテルはレストランと別建物になっていて、雪さえなければ50mほどの距離をぐるっと廻って300mほど歩かなければならない。おまけにこの雪で、ドレスコードなんてどうでもいい感じ(^_^ゞ
 でもレストランに入るとおもてなしをひしひし感じます。後でわかったけど、外のでっかいクリスマスツリーもウェルカムイルミネーションでした♪

ホテルは山の中の一件屋状態

吹雪の中をレストランに向かう ウェルカムネオンがかわいい

お酒を頼むと、毎日ちがったおつまみが出てくるのがうれしい(^^

でもイモは...ちょっと日本人には多すぎるかな(^_^ゞ 1月20日のメニューはこちら

朝食はホテルで食べられる ゴンドラも雨に濡れていた

ゲレンデ前商店街?雨で人は少ないけど獣耳見つけた\(^o^)/
 1月21日(日)雨

 朝起きると雨だった\(_ _;) もしかしたら冬のヨーロッパでは初めての経験かもしれない。
 他のメンバーはご休憩デーだったけど、もったいないから無料のシャトルバスでゴンドラ下の商店街?に一人で情報収集に出かけます。バスは9時と10時があるとホテルに教えてもらったので10時の便で出発...なんだけどバスが中々来ない。後でわかるんだけど、バスは10:16だった。
 街に行ってみるとやっぱりこの天気ですから滑ってる人はほとんどなく、街も人が閑散としています。
 早速インフォメーションに行き色々バスの時刻表をもらうのですが、ここで衝撃の事実が発覚!何とホテルのバス停(Les Granges)〜街(Funvia)まで来るバスが一日5便しかない\(_ _;)なので12:00の便で帰れってさ。

 それからあわててスーパーマーケットで食料とビールを買い、スポーツショップに行ってみると...何と探してた獣耳があった\(^o^)/早速沢山買い込んで(ちょっとだけおまけしてくれた)12:00のバスで帰りました!

寒い日の食事はしみますね。おつまみに出たラードのハム...絶品です!

カマンベールを使ったじゃがバター、もちかして日本からヒントを得たか?! サラダは毎回彼が味付けをしてくれる。
  1月22日(月)大雪

 ずっと篭ってると根っこが生えてしまうし、天気は悪いけど一応滑りに行ってみましょう!
 とりあえず早めに滑りに行って、足慣らしだけして早めに帰る計画で、9:06出発-12:00帰りの計画です。

 早速5日間のチケットを買ってゴンドラで2200mまで上ってみると...何にも見えなかった\(_ _;)
 雪と強風でみんなゴンドラステーションを出ることもためらっている。こりゃだめだね。とりあえずステーション内で同じく非難していたおじいちゃんたちと写真を撮り合ったりお茶を飲んだりと時間をつぶしていたけど、回復の見込みはなさそう。仕方がないので下部の短いリフトで滑ろうと言う事になりました。
 行ってみると、短いと言っても日本の小さなスキー場なんかよりよっぽど長く、広く、バリエーションも豊富。でも昨日の雨で雪面が変に氷っていたり雪が腐っていたり、全然つまんないし楽しくな〜い。なので予定通り12:00で帰ります〜〜〜〜〜(m--)m

 ホテルに着いたら朝一のバスで来る(と言っても9:06ですが)ホテルキーパー(お掃除その他)のおねえさんがいたので、お願いしてスキールームに靴を履いたり脱いだりするための椅子を用意してもらいました。それも人数分。
 スキーに行くのにホテルからスキー靴を履いてバスに乗るので、これでフィッティングも楽になります。ありがと♪

ゴンドラで上ると吹雪と強風でボーダーですらこの状態 コースマップは運休で真っ赤

下部は視界は利くけど雪質が...ねぇ(^_^ゞ とりあえず初級者初心者がいっぱい。

写真を撮ってくれたおじいちゃん。言葉はわからないけど遊んでくれたよ♪
ホテルの管理のねえさん。椅子のお礼に折鶴を送りました!

おつまみはキッシュ、ラザニアとリゾットはほっとする味です。

メインは( ̄(││) ̄)に鳥にと、この日は伝統的なイタリアン料理のオンパレード この日のメニューはこちら

晴れたけど前日までの大雪で、ピステン(除雪?)が間に合ってない

雪はふかふか、ちょっと押すだけで板が沈んでしまう

ワールドカップ ダウンヒルコースの入り口 角度は最大で40度を超えている


 1月23日(火)快晴

 晴れた、三日目にしてやっと。おまけに快晴だ。
 当然朝イチ(と言っても9:06だけど)のバスにホテルキーパーのお姉さんとすれ違いに乗り込む。
 ゲレンデにはあえてゴンドラには乗らず、滑る場所をチェックしながらリフトで上がります。低い気温は体に効きますが、それ以上に気持ちがいい!
 リフトを乗り継いで山頂まで行ってもよかったけど、やっぱり我慢が出来なくて1〜2本滑り降りてみる。まれに見るプカプカの雪質にテンションは上がりっぱなしだ。

        LaThuileの上部からは氷河が見える

 では足慣らしも終わったし山頂へ向かいましょう!
 

 

2018.4.1 作成開始

ご意見・お問い合わせ
くま's倶楽部 kumasan@kuma-s.net